双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

薬疹とシャンビリと気分安定薬と運動。

みなさんこんにちわ。ごきげんいかがでしょうか?マイクです。

今週は大変な週でした。

気分安定薬の追加から削除

先週の土曜日は診察日。定例の密室会議で感情が落ち着かずイライラする、というのが主訴だった。

そこで主治医が処方してくれたのはそれまで飲んでいた抗うつ作用のある気分安定薬の増量。とは言っても規定量の範囲なのだが・・・。

あと、ベンゾ系の抗てんかん薬を処方してもらった。これは双極性障害気分安定薬としても働くらしい。

しかし・・・。

緊急診察

今週の火曜日の朝、起床時に驚いた。なんと全身に湿疹が発生。間違いなく気分安定薬の副作用だ。今まではなんともなかったのだが、いよいよ出てしまった。

会社に出勤したもののこの副作用は下手をすると命にかかわる重篤なものなのでその日の午後、半休をとって医者に駆け込んだ。すると

主治医「う〜ん、とうとう出ちゃったか〜。」

ぼく「用量を元に戻すというのはだめなんでしょうか?」

主治医「それはやめたほうがいいね。体調が悪くなるとかならず出るからね〜」

そうか、仕方がない。

ぼく「何か代わりはないですか?」

主治医「じゃあ非定型抗精神病薬を追加してみよう。抗躁作用があるから。」

ということで薬剤変更となったが、今週はこれでおさまらなかった。

突然のシャンビリ

次の日の朝、非常に不快なシャンビリで目が覚めた。

シャンビリ抗うつ薬、特にSSRI/SNRIを長期間服用していた人が突然断薬、減薬すると起こる症状。正式には「抗うつ薬離脱症候群」という。「シャンシャン」という金属音(ぼくの場合はマラカスのような音)や電気ショックのような感覚、血圧上昇、等の症状が見られる。血中濃度半減期が短い抗うつ薬、特にSSRIで起きることが多い。大体は二週間ぐらいで収まる。

特に抗うつ薬はいじっていないのに、なぜシャンビリが?せめて脳内でリズミカルにシャッ、シャッとなってくれればそれに合わせて曲を作るとか楽しめるものの、まるで1970年代のプログレッシブ・ロックのように変拍子で襲ってくるからたまったものではない。

その日なんとか出勤して電話で主治医に相談したところ、抗精神病薬はカットということに。

その後、徐々にマシにはなりつつあるものの、シャンビリは続いている。そして今日の定例の密室会議となった。

定例の密室会議

今週の状況を報告。もっとも主治医はその殆どを知っているのだが・・・。

ぼく「なんかやっぱりイライラします。あとすこし怒りっぽくなっているというか・・・。」

主治医「異様に気分が高揚するとかお金使いが荒くなるといったことはない?」

ぼく「それはないです。」

主治医「あ、そう。それはやっぱり双極2型の躁状態うつ状態の混合状態だね。気分安定薬の別の種類のものを追加してみようか。」

ぼく「はい。薬を飲みながらでもいいからなんとか気分を安定させてほしいです。ふつうに会社に行けるようになりたいんです。」

主治医「これは今飲んでるやつと同じような感じのものだけど、たぶん効くと思うよ。あと再発防止作用もあるから。」

ぼく「副作用はどんなものがありますか?まえに飲んでたような重篤なものがなければいいのですが・・・。」

主治医「あ、それは心配ないと思う。でも肝機能のチェックは定期的にやっていこうね。」

ということ波乱万丈の一週間が終わった。

運動の重要性

この後、少ししてからフィットネスクラブで体全体の筋肉をもれなく鍛えて軽く10kmほどジョギングしてこようと思う。

ぼくは平日でも普段から一日一万歩歩くようにしている。

そのおかげで休職前に比べると

まで落とすことが出来た。

ただ単に運動するだけではなく食事も気をつけたのだが、これに関してはえれなさんのブログによるところが大きい。興味のある方はぜひご参考にしていただきたい。

www.sleepbeauty1.com

なんでもうつや双極性障害には体を動かして理想体重と筋肉量、そして基礎代謝を落とさないことが一番重要だとか。

理由としては一度体力が落ちて億劫感が出てくると、

外に出られなくなる→うつ感が増す→ますます引きこもりになり体力が落ちる・・・

という悪循環に陥る。

もちろん、重度のうつ状態の場合はちょっと無理かもしれまないが、体力が少しでも回復したら最初は散歩ぐらいから始めるのがいいと思う。散歩は体力向上だけでなくストレスの解消や気分転換にも効果が大きい。

 

それでは、また。

Webや教科書でうまくいくとは限らない。主治医の臨床経験からくる確信

緊急の密室会議

先日、唯一抗うつ作用のある気分安定薬で恐れていた皮膚疾患が発生。このままほ放って置くと命にかかわることになるので、残り少ない有休をとって急遽病院で密室会議が開かれました。

内容

主治医(以下S)ふ~ん、出ちゃいましたか・・・。100mgまでは大丈夫だったんだよね?

ぼく(以下M)はい。150mgに増やしたら急に出ました。やっぱり100mgが限界ということなのでしょうか?

S いや~、そうじゃないと思うよ。体調が悪くなったらきっと100mgでも出る可能性があるね。だからこのお薬は諦めたほうがいいと思うよ。

M そうですか・・・。この薬は気分安定薬で唯一抗うつ作用があるので使いたかったのですが、命には変えられないので。残念ですね。何か良い手立てはないのですか?

S 一応あることはあるよ。いまNaSSa飲んでるよね。だから抗精神病薬でDSS(ドーパミン・システム・スタビライザー。統合失調症に使われる。ドーパミンの濃度をちょうどいい塩梅にコントロールしてくれる賢い薬)を使ってみよう。

M 僕は統合失調症ではないのですが・・・

S それがね、この薬は双極性障害にも効くんだよね。通常の抗うつ薬で効果が不十分なときにほんの少し加えると抗うつ作用が出てくるんだ。ただ多すぎると逆に抗躁作用が出てくるからさじ加減が難しいんだけど。これを使ってみようね。

M 最近躁状態のせいなのかイライラしてくることが多いんですが、気分安定薬で抗躁作用がある薬はだめなんでしょうか?

S あ、それはまだ早すぎるね。今日問題となった抗うつ系の気分安定薬がまだ体に残ってるでしょ?それとは相性が良くないから、もう少し時間が経って完全に体から抜けてからのほうがいいよ。

M では軽躁状態でイライラや体の痛みが出てきたときは・・・。

S それは前回処方した抗てんかん薬を使って乗り切ってね。一日2mg飲んでも平気だから。それで収まると思うよ。本格的な薬の検討は定例の密室会議(診察)のときに考えよう。

診察を終えて

診察後、隣で聞いていた家内が、

「ほんとに先生はものすごくたくさんの引き出しを持っているよね。」

と感動気味。

ぼくは言いました。

「たしかにそうだね。彼は今までもWebや物の本には『掟破り』とかかれてある方法でもぼくの状態を見ながら『必ず良くなる』と言わんがばかりに処方してくる。最初は『え?』と思ったけど、じっさいにそれでぼくは良くなってきている。やっぱりWebや教科書には出てこないけど長い臨床経験からくる確信と言うものがあるんだろうね。」

ぼくは続けました。

「そのいい例が三環系抗うつ薬の処方だよ。双極性障害はこれは躁転の危険が高いので『禁じ手』とされているんだけど、先生はぼくが希死念慮でどうしようもなかったときにこれを毎食後に処方してくれた。ぼくはそのおかげで一週間で立ち直った。そしてその後、すぐに三環系抗うつ薬は頓服になり、いまは飲まなくてもいい、と言われている。これも長い臨床経験から来る『大筋では定石に従うけど患者の状態から何が重大なのかを見極めてそれに合った処方をする』ということなんだろうね。これはWebや参考書では得られないものだよ。」

 

 ということで、ではまた。