双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

双極性障害の社会適応(ぼくの場合)

みなさんこんにちわ。久しぶりの更新です。 最近、4ヶ月ほど調子のいい日が続いています。とは言っても決して「軽躁」というわけではありません。 むしろ気分の波の上下が「さざなみ状態」といった感じです。 どうやってここまで落ち着いたのか、自分なりに…

アキレス腱断裂 その後

ぼくがアキレス腱を断裂して約一ヶ月がたった。 最初はギプスが外れるまで一ヶ月半から二ヶ月はかかるだろうと言われたが、指示されたリハビリに懸命に取り組み、また食事も筋肉や腱の材料になるタンパク質、コラーゲンを重点的に摂取した結果、一ヶ月でギプ…

Make it minimal. But make it significant.(ほんのちょっとしたことでも、それが大きな変化なんだ。)

ぼくが双極性障害2型の診断を受けてもうすぐ2年になる。その前のなかなか良くならないうつの時代を含めるともう14年ぐらいか。 その中で何回も休職した。また転職もあった。しかし抱えていた最も大きな問題は「いかにして休まずに出勤するか?」ということだ…

アキレス腱断裂

みなさん、いかがお過ごしですか? マイクです。 今日は双極性障害とは離れて番外編として右足のアキレス腱を断裂したことを書きたいと思います。長い人生の中でそう何回も経験することではないので…。 先週土曜日(2018年6月16日)の出来事だった。 その日…

双極性障害 ー まだまだ認知度は低いこの障害

みなさんこんにちわ。久々の更新です。決して怠けてたわけではない、と書きたいのだが、なんか気合が入らなかった、というのが正直なところ。やっぱり怠けてたのだなあ。 まあ、ぼくはブログの更新はストレスにならない程度、と考えているので、のんびりやっ…

エビリファイと抗うつ薬の組み合わせについて

以前ぼくはカリフォルニアロケット(SSRI、あるいはSNRIとNaSSaの組み合わせをこう呼ぶ)にエビリファイをわずかに処方すると抗うつ効果が増す、という記事を書いた。 www.flahertylog.com これは一般的にオーギュメント療法(オーギュメントととは「増強」…

つらいと思う自分を責めないで

「自分で自分に仕掛ける罠ほどタチの悪い罠はない。」 これはハードボイルド作家で知られるレイモンド・チャンドラーの言葉だ。蓋し名言だと思う。 実はこれ、抑うつ状態、うつ病、双極性障害に罹患している人は必ずと言っていいほど陥るものだ。これはチャ…

長いサイクルと短いサイクル

最近自分の気分の様子を観察していて気がついたことがある。 それは気分の波が長いサイクルの波と短いサイクルの波で出来ている、ということだ。 長いサイクル 去年のぼくの気分のサイクルを手帳で確認したところ、以下のようなトレンドだった。あくまでも「…

【カミングアウト】人生の転機

日曜の午前の謎 ぼくとセイラはその後もごく普通の付き合いだった。 しかしそれが徐々に変わってきた。 ぼくが日曜にどこかに出かけようと言うと、彼女は決まって、 「日曜の午後ならいいよ。」と言うようになったのだ。 はじめは「まあいいか。彼女にもプラ…

はてなブログの仲間のみなさんへ お詫び

敬愛するはてなブログの仲間のみなさん、マイクです。 ここのところ双極性障害2型に加えLOH症候群の治療も入り、なかなかみなさんのブログを読みに行くことができませんこと、心からお詫び申し上げます。 空き時間を利用してお伺いしようとしているのですが…

双極性障害とLOH症候群

にほんブログ村 ↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。 久しぶりの投稿です。 最近、とても調子が悪かったのと、時間がなくてなかなか更新できませんでした。 しかし、先々週、…

太古から続く人間関係のストレス 今日は診察日

にほんブログ村 ↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。 今日は診察日 今日は今年最初の診察日だった。 先月予約した時はいつものように午前10時の予約が取れず、正午にずれ込ん…

【カミングアウト番外編】今年の初夢 ー ルーフトップ・コンサート ー

ご挨拶 皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。2018年が皆様にとって、よい年になるよう、心からお祈り申し上げます。 今年の初夢 忘れないうちに、今年の初夢を書いておきたいと思う。 とは言ってもこれは過去に実際にあ…

【カミングアウト】大学受験

受験前の苦悩 さて、前回の大胆、もといこっ恥ずかしい告白劇から2年が過ぎようとしていた。 ぼくたちは時々喧嘩もしたけれどもそれなりに順調な関係だった。 ぼくはセイラさん、いやセイラという女性をますます好きになり、セイラはぼくのことをますます好…

デパケンRの変更

にほんブログ村 ↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。 前回、気分安定薬のバルブロ酸の血中濃度が標準値に達していない、という記事を書いた。 www.flahertylog.com そこで一…