双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

初めて出会った「尊敬できる先生」

にほんブログ村 ↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。 転校 ぼくは中学2年になって九州へ転校した。 新しい中学は田舎の雰囲気がまだ残る、のんびりとした感じの学校だった。 …

ベルムゾラという睡眠薬

にほんブログ村 ↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。 みなさんこんにちわ。ごきげんいかがでしょうか?マイクです。 中途覚醒への対策 先日、エビリファイが追加されたのです…

やっぱり挫けそうになるよね・・・

にほんブログ村 ↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。 今日は30年ぶりの大型台風が近づいてきているせいか、どうも気がのらないマイクです。 やっぱり天候、特に気圧って双極…

打倒ヒトラー!ファシズムから民主主義を守れ! − 双極性障害のパワー! −

にほんブログ村 ↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。 今日は衆議院選挙の投票日。あいにくの雨模様だが、ぼくは先程投票を済ませてきたよ。 ぼくは基本的に個人の信仰、信条…

JFK暗殺の資料、公開期限迫る

www.cnn.co.jp 1963年にJFK(John Fitzgerald Kennedy)大統領がテキサス州ダラスで暗殺されてから50年。アメリカ政府が最も重要として機密扱いされてきた資料があと10日あまりで公開される。ただし現大統領のトランプ氏が拒否権を発動しなければ、と言う条…

【閲覧注意!ネガティブネタです】ぼくの過去の整理のために必要なのでお付き合いを・・・

にほんブログ村 ↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。 しばらくネガティブネタが続きますがご容赦の程を・・・。何故かと言うとこれはぼくの過去の経験の整理のために必須なの…

【閲覧注意!ネガティブねたです。】若いうちの苦労は買ってでも!それほんとうか?

いよいよ底をついた貯蓄 今回の休職は何回目だろう。 ぼくは最初「うつ病」と診断され、それがなかなか治らず、10年経って初めて「双極性障害Ⅱ型」というありがたくもない病名を拝命した。その期間、失業したことや今の会社での休職を合わせると2年近くにな…

緊急で主治医に急行!

今日は短めです。 会社からの休職勧告 先日、6日間連続で会社を休んでしまった(ただしそのうち2日間は有休)。すると会社から「休職勧告」なるものが届いた。 いままで約半年間調子よくやっていたのだが、日が短くなると同時に気分が急降下。朝起きれなくな…

【長文失礼】機能不全家族と向き合う 自己肯定感を上げるためのカミングアウト

今週ぼくは予想外のうつ転でプチ休職を余儀なくされてしまったんだけど、そもそもこの気質は「両親から全く褒めてもらえなかった。」ということから来ている、と書きました。 www.flahertylog.com 両親との対峙 で、思ったのがね、今のぼくには過去に戻って…

【閲覧注意!少しネガティブです。】反省と国政に望むこと

今日は診察日 「あなたらしくないね。実際に行為に及ぶなんて。」 これは主治医に先日の自殺未遂のことを話したあと、彼が言った言葉だった。 実は今日は定例の診察日。ぼくは先週起きたことを洗いざらい主治医に話した。彼とぼくとは強い信頼関係があったか…

【閲覧注意!ネガティブ記事です。】自殺未遂と機能不全家族と劣等感

実はぼくは先週から「プチ休職」を命じられている。 なんか先週の初めから調子を崩してしまい、気分が急降下してるんだよね。 具体的には「自分の価値の低さ」という抑うつ状態に特有の状態になってるんですよ。 いままで半年ほどいい感じで会社で仕事できて…

世界一不幸な人の人生

世界一不幸な人って? この病気を患っていると時々、「私は世界一不幸だ。」という人に会うことがあるんですな。特に病院で話をしているとね。 「世界一」というからには世界でたった一人なんだろうけど、今まで10人ぐらい、「世界一不幸」という人に会った…

フレームワーク思考で自己イメージを持ち上げる

実はこの記事を書くちょっと前までかなり落ち込んでいた。 というのはおとといの電話会議において、ぼくは会議の議長なのだが自分ではよくまとまったと思っていた。自己採点としては75点ぐらいだったと思う。 メンバーの誰からも文句は出なかった。一人を除…

捨てられるこだわりを捨てれば楽になる。捨てられるこだわりって?

人はそれぞれ自分の「こだわり」を持っていると思う。ぼくも多かれ少なかれ自分の譲れないこだわりを持っている。 ところがこのこだわりはある時にはいい方に働き、またあるときには悪い方向に働く。 特に仕事においては、それが顕著になる。双極性障害、う…

周囲はあなたに100点を求めてはいない

今日は正直言って何について書こうか?と思っていた。 とは言っても書くネタが無いというわけではない。あっても何について書くのがいいのかが決まらない、ということだった。 で、最終的に決めたのが、ぼくが復職してから約4ヶ月、ここのところ好調に皆勤で…

苦しくても幸せを感じている人のところに人は引き寄せられる

会社の人達への思い ぼくはここのところ書いた自分の記事を改めて読んでみて思った。 ぼくの願いはみんなと一致協力して仕事を前に進めていけるようになることだが、ひょっとしたらぼくが周りの人に対して思っているほど、周りはぼくのことを気にしていない…

小人の姿をとった天使 ー 考えすぎていては前に進めない ー

会社での現状 仕事をする上でいろいろ工夫をしているが、若干の改善はされたもののそうは簡単に仕事の成果が上がるわけではない。おそらく年単位の継続が必要だろう、と思っている。 職場で誰も口を聞いてくれないのは相変わらずだし、それがぼくの中で対人…

特攻隊崩れの祖父 ー 他人に自分の命を強制的に終わらせられることになった若者たち ー

亡き祖父の話 ぼくの祖父はかつて帝国海軍の戦闘機搭乗員、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)のパイロットだった。 昭和15年に始めて中国戦線で戦ってから海軍機動部隊の航空母艦「瑞鶴」に配置され、そこで真珠湾、インド洋、珊瑚海、そして南方戦線を転戦し、多く…

もう坊主はコリゴリだ! ー 平安京遷都物語 ー

このシリーズでは日本史、世界史のいろいろなおもしろ話を書いていくことにしている。理由はぼくは歴史フェチだから。 ここのところ京都の話が続いているが、いかんせん1000年の古都。話題は尽きない。これだけで一つのシリーズが出来てしまうかもしれない、…

株を守っていてもうさぎは飛んでこない ー 主体性ー 

はじめに ぼくは双極性障害Ⅱ型になってから、仕事のアウトプットの質が格段に落ちた。それはこの障害の特質でもある、 「億劫感」 「不安感」 のために、仕事に対して前向きに取り組むことができなくなってしまったためだ。 この症状は不眠や希死念慮ととも…

京都が空襲されなかった理由

ここのところ京都の話が続いているが、もう少しお付き合い願いたい。個人的に好きな街、というのもあるが、歴史のある街だけにどうしてもトピックが多い街なもので・・・。 先日、京都の一見さんお断りのお店で美味しい湯豆腐を頂いた記事を書いた。そこで女…

変えられるものと変えられないもの ー 吸収力ー

今日は休暇をとった。体調不良などの不本意な休みではなく、計画的に休暇を取ったのは何ヶ月ぶりだろう。ジムも今日はお休みしてのんびりと過ごしている。 最近は自分にあった薬の処方が見つかり、忙しいながらも休まずに出勤できている日々が続いている。 …

京都の一見さんお断りのお店

ちょっと歴史ものとは話がずれてしまうが、前回のこのシリーズで京都の話を書いたときに思い出したことがある。 DVDの規格策定 もう二十年ほど前だろうか?当時ぼくはDVDの規格策定の仕事に関わり、世界中を旅していた。 参加していた企業は電機、IT、映画業…

変えられるものと変えられないもの ー 社会性 ー

前々回のおさらい 前々回の記事で変えられるものと変えられないものについてあげてみた。以下のとおりである。 社会性の低下 吸収力の低下 主体性の低下 思考力の低下 コミュニケーション力の低下 活動力(生産性)の低下 順を追って今回は社会性について取…

江戸から「東京」へ。東京遷都裏話(京都の方には申し訳ないですが・・・。)

概略 東京。言わずもがな日本の首都であり、経済的にはロンドン、ニューヨークとともに世界の三大金融市場の一つであり、その影響は世界的なものに及ぶ。 また人口は1,200万人を超え、都市としての規模は世界一を誇る。 江戸の歴史 もともと東京は御存知の通…

変えられるものと変えられないもの

ニーバーの祈り 主よ、変えられないものを受け入れる平静さと、 変えられるものを変える勇気と それを見極める知恵をお与えください。 これはとても有名な「ニーバーの祈り」というものであるが、実際には作者不詳であるらしい。でも古くから伝えられている…

「はいからさんが通る」の時代 大正

「はいからさんが通る」というのは大和和紀のコミック。時は大正。剣道では向かう所敵なしの男勝りだが酒を飲むと酒乱の主人公、花村紅緒がひょんなことから許嫁にされてしまった日本陸軍少尉、伊集院忍とのあいだに引き起こされるラブコメディーものである…

今週の概略

(今日は診察の様子についてはあまり書くことがないのでツイッターに上げようとしたが、一応習慣なのでアップすることにした。) 今週の調子 今週はお盆休みということもあって比較的楽だったと言いたいのだが、ぼくは今年は休職の前にたくさん有休を使って…

一生懸命頑張っているんだけど成果を出せない人はいないほうがいい。

今週の概況 今週は付き合いのある会社の殆どは前半はお盆休み。長いところでは今週いっぱい休みのところもあるせいか、比較的のんびり過ごすことができるはずだった。 しかし急に命じられた資料作成のため、慌ただしい一週間でもあった。 仕事についての苦悩…

明治末期 日露戦争終結から韓国併合

まえがき 日本では戦争について考える時期、また韓国では「復光節」という独立記念日にこのような話題を載せるのはどうか?と思ったのだが、この時期でないと逆に考えないのではないか?と思ったのと、ここを飛ばしてしまうと今の日本が置かれている状況が理…