読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

ジェレミー・ブレット:But darlings, the show must go on. 「しかしみんな、ショーはこれからも続くんだよ。」

生い立ち ジェレミー・ブレットは1935年イギリス、ウェストミッドランドに生まれました。 親は大手食品メーカーの経営者で家は裕福だったそうです。 そしてパブリックスクールのイートンカレッジに入学しますが、ディスレクシアのため苦学して卒業しました。…

歴史を震撼させた「双極性障害」

ニキータ・フルシチョフという旧ソ連の指導者をご存知でしょうか?彼はヨシフ・スターリンの死後、旧ソビエト連邦の指導者となった人物です。彼は双極性障害でした。(おそらく、Ⅱ型だと思われています。) 彼は1953年にスターリンの死後、ソ連共産党第一書…

躁状態のパワー 中島らも氏の父君

躁状態は人生を破滅させる可能性が高いのですが、ときとしてこんなこともあります。 以下は故中島らも氏の回想録にある、中島氏の父君の話です。 おれが六歳か七歳のときに、兄貴と二人で庭で遊んでいると親父が急にスコップを片手にやってきて、高らかに宣…

歴史を動かした「双極性障害」 エイブラハム・リンカーン

エイブラハム・リンカーンが双極性障害だったことは有名な話だ。 彼は30歳過ぎまでは貧しいながらも順調な人生を過ごした。それはごくごく庶民的なものだった。独学で法律学校に学び、弁護士になるに至る。彼は弁護士として持ち前の弁論術を発揮し、イリノイ…

うつ病、双極性障害を患った有名人

うつや双極性障害を患った有名人一覧 この人も?という感じです。これだけの人がしんどいにも関わらず偉業を成し遂げたんだと思うと勇気がでますね。 (ウィキペディアからの情報にぼくが加筆しました。) ジュリアン・アサンジ(ジャーナリスト) アイザック…