読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

「メンヘラ」という言葉についての考察

今日はですます記法で書きます。

最近、「メンヘラ」という言葉をネットのあちこちで見るようになりました。これについては賛否両論あり、ちょっと考察してみました。結論を出すつもりはありませんのであしからず。

メンヘラという言葉の起源はあの「文句ばっかり言うくせに自分では何も考えない超ネガティブな方々が集まっている(全員がそうとは限りませんが前向きな人はいじめにあって排他されます。)」有名な2ちゃんねるです。

ここでメンタルヘルスメンヘルと略し、メンタルヘルス、つまり心療内科や精神科にかかっている人をメンヘラと蔑視意識をこめて呼ぶようになったそうです。その意味としては「心の健康に問題を抱えた人」から「激しいかまってちゃん」「めんどくさい人」まで含む蔑視用語だったんです。

出だしはかなりネガティブだったのですが、これが精神疾患を抱えている方々の中で、「精神疾患」という言葉に比べサラリと言える、という感じで自らをメンヘラと名乗る人も現れました。

そこで、精神疾患の患者を対象としたSNS、メンヘラ.jpというサイトが以下のように再定義しました。

メンヘラ.jpでは「心の健康に問題を抱えた人」用法でいきます!

 

menhera.jp

このサイトがきっかけとなって、「わたし実はメンヘラなの。」とか「俺もメンヘラなんだ。」とか言う人が増えてきました。

で、まあぼくはかつてこの再定義が行われる前に、

「マイクってメンヘラなんだって。危ないよね。」という心無い言葉をかけられ傷ついたトラウマをもっているので生理的に好きになれませんが、

自分で自分のことを「メンヘラ」って言う人もありなのかな?

と思ったりもしています。他人には言うとまずいと思いますが・・・。

言葉というのは時代とともに意味や用法が変わってくるものですから。

でもぼくの願いは「メンヘラ」という言葉が出来るだけ近いうちになくなることです。つまり、「メンヘラ学校」の入学生が一人もいなくなり、在校生も一人残らず卒業することです。