双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

抗うつ薬の種類

f:id:martysan:20161028124649j:plain

今日は薬物療法で使われる代表的な抗うつ薬についてお話します。

三環系抗うつ薬

第一世代の抗うつ薬。一方でセロトニン以外のアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制してしまうため、抗コリン作用という便秘、排尿困難、口が渇くなどの副作用があらわれることがある。ぼくはこれでかなり苦しみました。効き目はかなりあります。

また、双極性障害Ⅱ型においては効き目が強いため躁転うつ状態から躁状態に突然反転すること)があるので注意が必要です。ぼくはこれでうちの壁に蹴り入れて穴を開けてしまいました。我が家では「うつの穴」と呼ばれています。(^o^)

参照記事

www.flahertylog.com


代表的な薬:トフラニール(イミプラミン)、アナフラニール(クロミプラミン)、トリプタノール(アミトリプチリン)、アモキサン(アモキサピン)、ノリトレン(ノルトリプチリン)

四環系抗うつ薬

第二世代の抗うつ薬。三環系抗うつ薬の副作用である抗コリン作用を少なくすることを目的として開発された抗うつ薬です。ただ効き目もイマイチでした。なんか効いた気がしませんでしたね。


代表的な薬:テトラミド(ミアンセリン)、ルジオミール(マプロチリン)

SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬


セロトニントランスポーター(セロトニンの量を調節する器官)に狙いを定めて作用し、神経細胞神経細胞の間でセロトニンの量を調整するように働く抗うつ薬。不安をおさえる作用が強いので、抑うつ状態の他、不安が強い場合にも用いられます。副作用は比較的少ないといわれていますが、飲みはじめに、吐き気やむかつき、便秘、下痢などの消化器系の副作用があらわれることがあります。また、薬によっては体重増加、頭痛なども起こすものも。(ぼくはパキシルで拷問のような頭痛におそわれました。)

参照記事

www.flahertylog.com


代表的な薬:デプロメールフルボキサミン)、パキシル(パロキセチン)、ジェイゾロフト(セルトラリン)、レクサプロ(エスシタロプラム)、プロザックフルオキセチン)←日本未承認

SNRIセロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)


2000年に使用が認められた抗うつ薬で、脳内神経伝達物質であるセロトニンノルアドレナリンの両方の調整を行うために、セロトニンノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用があります。
副作用として吐き気やむかつき、便秘、下痢、頭痛など。SSRIに比べ体重増加はあまりないらしいです。確かに今飲んでるSNRI(イフェクサー)はそんなに体重の増加はないですね。
ただ、ノルアドレナリンが増えすぎると不安、頭痛、血圧上昇、イライラにつながることも。← 経験者です。血圧が200超えて死ぬかと思いました。


代表的な薬:トレドミン(ミルナシプラン)、サインバルタ(デュロキセチン)、イフェクサー(ベンラファキシン)

ただ、トレドミンは全く効かなかったという印象があります。

NaSSA(ノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ薬


SSRIともSNRIとも異なる作用の抗うつ薬SSRISNRIセロトニンノルアドレナリンニューロン神経細胞)の再取り込みを阻害して濃度を高めるのに対して、セロトニンノルアドレナリンの分泌を増やそうという薬。
副作用として眠気、また体重増加など。(眠気は結構強いです。ぼくは夕食後に服用しているため眠くなってもいいと言えばいいのですが。)


代表的な薬:リフレックス、レメロン(ただしこの両者はミルダザピンという同じ薬)

その他

デジレルレスリン(トラゾドン)、ドグマチール(スルピリド)

効き目はすぐに効くんだけど、副作用として抗コリン作用。口の渇き、眠気、めまい、立ちくらみ、便秘、体重増加などがありますね。ドクマチールは錐体外路症状(体が勝手にふるえる、こわばるといった症状)ホルモンバランスが崩れることによる乳汁分泌などがあります。ぼくはこれを服用しているうちに女性のようにバストが膨らんできたのにはびっくりしました。ちなみにぼくはまがいもない男です。

リーマス(炭酸リチウム)
元々双極性障害躁状態を抑制するための気分安定薬ですが、うつ状態の改善にも効果があるためうつ病治療にも使われるようです。副作用が少なく、作用の発現が早いという特徴があります。ただしリーマスは作用血中濃度域と中毒血中濃度域が近いため、定期的な血液検査が義務付けられています。リチウム中毒の例として振戦(手足が意思とは関係なく震えること)、腎臓障害、下痢、嘔吐、等。特に腎臓障害はときに重篤な場合があるので定期的に血液検査をしっかり行いましょう。
リチウムがなぜ気分安定作用があるのかはまだわかっていないらしいです。結構古い薬なんですがねえ。
ぼくは今のところ問題なく使用しています。三ヶ月に一回血液検査を行っているけど特に問題はありません。ただこれが処方されたことによってぼくの病気はただのうつ病ではなく双極性障害Ⅱ型ということがわかりました。双極性障害Ⅱ型については日を改めて記事を書こうと思っています。

参考記事

www.flahertylog.com

抗うつ薬というのはモノアミン仮説に基づいて開発されてきました。しかしうつや双極性障害はそれだけでは説明できない現象も多く、現在も研究が進められています。しかしだからといって処方された抗うつ薬を服用しない、というのはかえって状態を悪化させるだけだと思います。またどの薬も人によって効く、効かないがあるので、主治医と緊密なコミュニケーションをとりながら薬の種類や量を変えていくのがいいのかな?と思っています。

モノアミン仮説についてはこちら

www.flahertylog.com

あと、抗うつ薬は効き目が現れるまで2~4週間ぐらいかかります。また突然やめると離脱作用と呼ばれる作用が起こってきます。特に「シャンビリ」といわれる現象(頭のなかで風切音のような音が聞こえたり手足が電気をあてられたようなしびれ、ショックが起きる症状)がありますので主治医と相談しながらソフトランディングしていくといいと思います。 

なお、この記事はぼく個人の経験したことに基づいています。何度も繰り返すようで恐縮ですが、他の人に当てはまるとは限りません。

そこのところ、ご理解いただければうれしいです。

なお、記事最上部の画像は抗うつ薬とは関係ありません。