双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

睡眠薬いろいろ

睡眠薬は主に下記の5種類に分類されます。

バルビツール酸系

ベンゾジアゼピン

・非ベンゾシアゼピン系

メラトニン受容体作動薬

オレキシン受容体拮抗薬

バルビツール酸系は1950年代から使われ始めた一番古い睡眠薬ですが、効き目が強力で副作用(呼吸が減る。最悪の場合停止することも。)も強いため最近では使われることはありません。以下にバルビツール酸系睡眠薬も揚げてありますがほとんど聞いたことないです。なんでも難治性の不眠症には使われることもあるそうですが、なんか日本睡眠学会でも極力使わないように、と勧告されているそうです。

ベンゾジアゼピン系はバルビツール酸系の危険性を無くすために開発されたものです。しかし依存性が出ないわけでもなく、また筋弛緩作用があるのでふらつきなどの症状が出ることがあります。

しかしベンゾジアゼピン系はほどほどに強く、副作用や依存性とのバランスが取れているので現在最も使用されています。

ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系の改良版で、筋弛緩作用が少なくより安全ですが睡眠作用はベンゾジアゼピン系より劣ります。

睡眠薬血中濃度半減期別に分けると、超短時間作用型、短時間作用型、短−中時間作用型、中時間作用型、長時間作用型、その他に分けられます。

しかし、血中濃度半減期が長い=強いというわけではないので、誤解のなきよう。効き目が切れるまでの時間、と考えてください。

超短時間作用型

(要注意!)ハルシオンは副作用として順行性健忘(その時は意識があっても、忘れてしまい思い出せなくなること)が発生することがあります。

ハルシオンの服用していたぼくの友人は夜中に「大変だ!穴を埋めなくては!」と叫びながら部屋の窓から飛び出そうとしました。ちなみに当時の彼の家は団地の五階(!)奥さんが必死で止めて事なきを得ましたが次の日の朝、本人は全く覚えていなかったそうです。
特にアルコールと一緒だと、この傾向は高まります。マイスリーには比較的少ないと考えていましたが皆無ではないそうです。

短時間作用型

レンドルミンはぼくも服用中。だいたい効き目は7時間ぐらい、といったかんじです。

短-中時間作用型

中時間作用型

ぼくが経験した最強の睡眠薬ロヒプノールです。しかしぼくは不眠がひどかった時、これの4mgという最大量を服用しても夜中に目が覚めてそのまま朝まで眠れませんでした。つらかった~。

長時間作用型

その他

ざっとこんなところですかね?

f:id:martysan:20161101173931j:plain