読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

第二次復職体験記 2007年11月

復職に向けて 闘病日記

ぼくは二度目の復職にトライした。

それまで二ヶ月間、家の周りの散歩にはじまり、最後には職場の目の前のマックで朝食を取れるまでになっていた。

行きの電車の中で職場の知り合いに出会うこともあった。最初はシンドかったが、徐々にそれも慣れていった。

そのおかげで職場に復帰したときは今までそこにずっといた感じで復帰することが出来た。前回とは明らかに違う。

前回、職務の内容があまりにも退屈すぎてそれがストレスになり、再発を招いた苦い経験から今回はエンジニアらしい、しかし負担が少なく、それでいて会社にとって役に立つものを開発することになった。

3日ほど考えたあげく、会社の研究論文のデータベースと閲覧システムの構築を提案した。

これは会社の受理するところとなり、開発を始めた。担当者はもちろんぼく一人だ。

今まで経験したことがないHTML、PHPCSSJAVAの勉強はぼくにとって知的好奇心を掻き立てた。

一日4時間の勤務があっという間に過ぎていくほどだった。

それが2ヶ月後には6時間に延長されたが、ぼくはとても充実した思いに満たされていた。こんなやりがいのある時間はどれぐらいぶりだろう。

しかし医者からは釘を差されていた。「もうちょっとできるかな?と思うところでやめること。」だ。

ぼくはこれを忠実に守った。

そして2007年は暮れた。このまま来年もうまくいくといいな・・・。

f:id:martysan:20161223134605p:plain