双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

自分の感情のトレンドを知る 躁転、うつ転に備えて

みなさんこんにちわ。マイクです。いかがお過ごしでしょうか?

双極性障害(Ⅰ型、Ⅱ型共)で本人が一番苦しく、また周りの人も大変なのは、躁転とうつ転だろうと思います。

一体どういう時に躁転、うつ転がおきるのか、これはまだ解明されていないということです。

でもそれじゃあ身も蓋もない。そう思いませんか?

せめてなんらかのトレンドというか、予兆を知ることができればそれに備えることはできるのではないか?仮にそれが人によって異なっているとしても。そしてそれを探るべく、実験中です。

先月末から、今日まで、今まで自分の感情をグラフにつけていたのにくわえ、体調の変化もグラフにつけています。それが下の図です。

なお、感情、体調ともに、調子がいい、悪いについては感覚でつけています、ただ、体調面についてはバイタルチェック(血圧、体温、心拍数、食欲)からも判断しています。

f:id:martysan:20161228101739p:plain

青い線がメンタル、オレンジ色の破線がフィジカル(体調)の変化を指しています。

まだデータが一ヶ月しか揃っていないので仮説レベルのことしかわかりませんが、身体が元気な時でも感情はそんなにハイにはなっていません。どちらかと言うと可もなく不可もなく、といったかんじです。

しかし身体が早朝覚醒などで調子が落ちている時は感情も落ち込んでいます。

これは身体の調子が悪くなるからメンタルが落ち込むのか?あるいはメンタルが落ち込むから身体も調子が悪くなるのか?そこはまだこのデータからではわかりません。

しかし体調を整えるということはメンタルへの影響を最小限に抑えることができるのではないか?という感触レベルの仮説は立てられそうです。もっとも、例外的に12/18には身体レベルは高いにも関わらず、メンタルレベルは低くなっていますが。

この時期は短いながらも混合状態だったのかもしれません。なんかイライラしたことがメモに残されていますので。幸いにも一日で済みましたが・・・。

今後のデータの蓄積が待たれるところかな、といったかんじですね。