双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

天国のような会社 2010年8月

退職してから一年と5ヶ月が過ぎようとしていた。

しかしぼくはまだ職についていなかった。

というより求人がほとんどなかったのだ。あると言えば、タクシーの運転手の求人ばかり。ぼくはそんな重労働ができるノーミソではない。無理だった。

幸い、DVDやBlu-rayの開発のときに取得した特許料のお陰でなんとか家族は飢え死にしなくて済んでいたが、それもいつ尽きるかは時間の問題だった。

そこへ個人がやっている就職エージェントからある日電話があった。

なんでも静岡のアイエイアイという会社で機構設計ができる管理職を求めているという。

給与は前職並み。また完全週休二日制で土日、祝日は休み。さらに残業は月あたり30〜40時間ぐらいだという。

待遇は前の職と変わらなかった。

ただ、静岡となると単身赴任しなければならない。それが一番迷った。

しかしすでに退職して一年と半年が過ぎている。もうそんな贅沢は言っていられない。

さっそく一次面接を受けることにした。

すると面接にエージェントのおじさんも出席するという。なんでも社長と顔見知りらしい。

面接において、ぼくは自分のことを一通り話した後、後は社長とエージェントの話ばかりで終わってしまった。

そして自宅にその日の新幹線で帰宅。するとすでに採用通知が届いていた。

それからしばらくしてオファーレターが届いた。内容は

生産技術系の課長代理、いわゆる管理職で、

年収は前職と同じ。
完全週休二日制
祝日、土日は休み
残業は労基法に準ずる
単身赴任はアパートを借り上げ、家賃は3万円。
単身赴任手当付き

とあった。

この不景気に随分気前のいい会社だ。かなり収益性がいい会社なのだろう。この時期にこんな条件を出してくるなんて天国のような会社だ。

決まるときはあっさり決まるものだ。ぼくは思った。

 

f:id:martysan:20161229133800j:plain