双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

日内変動

みなさんこんにちわ、ご機嫌いかがですか?マイクです。

 

昨日主治医と話し合って、カリフォルニアロケットの改良が提案されていま実験中のなのですが、その理由は日内変動がイマイチだからです。

日内変動

日内変動とは何でしょうか?

それは一日の中での気分の変動を示すものです。

健常者の方でも、朝調子が悪い低血圧の人、あるいは午前中のほうが調子がいいので重要な仕事は午前中にやってしまうという人もいるでしょう。

しかし気分障害、とくに鬱病の人は午前中が一番調子が悪く、夕方に向かって尻上がり的に上がって行くというのが普通だと言われています。

ところが双極II型障害の人はこれがなかなか一定のパターンにはまらないことが多いようです。

人によっては朝の調子が良くて昼間から調子が悪くなる人もいます。また僕のように日によって変動パターンがちがう人もいます。

ぼくはカリフォルニアロケット療法とアリピプラゾールの朝イチの追加で日内変動はあるパターンに落ち着いてきたのですが、一つ欠点が見つかりました。

僕の日内変動パターン

僕の日内変動のパターンは以下のとおりです。

f:id:martysan:20170108103256p:plain

水色の折れ線が、先月から先週にかけての日内変動です。横軸は時刻、縦軸が気分の具合です。0が出社できないほどひどい状態、5が絶好調(これはこれで躁転してしまうのでまずいのですが)を示します。

僕の日内変動の問題点

ご覧になるとわかるように、薬をのんでから午前中にかけては調子がいいのですが、午後になると落ち込みます。そしてぼくは仕事柄、たいていの重要なこと、(ヨーロッパとの電話会議など)は午後から夕方です。

これではこまるので、先日主治医と対策を検討したところです。

対策と試験運用

その結果、現在アリピプラゾール3mgを朝イチで服用していたのですが、これを昼間にも服用してみよう、ということになりました。

これは効果も期待できる反面、アカシジアなどの副作用が出るリスクも増えることになります。

昨日は特に副作用は出なかったのですが、今後チェックしていかなければならないと思っています。

 

では、また。