双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

精神科医が実践するストレスを溜めない方法

みなさんこんにちわ。ごきげんいかがでしょうか?マイクです。

今日も寒い日が続いておりますが、皆様に於かれましては風邪など引かないよう、ご自愛ください。

きのうは診察日でした。

そのとき、双極I型障害とII型障害について話を聞いたのですが、その話が発展して、かねてから疑問に思っていたことを聞く機会に恵まれました。

精神科医のストレス防止法と解消法

「K先生、先生のような臨床医は毎日何十人という患者を診察されておられるわけですが、精神的に疲れた、あるいは病んでいる人の話を聞くのってかなりストレスフルだと思うんですね。ストレスは移るという話をよく聞きますが、そこら辺はどう自分の中で対策されておられるのでしょう?」

「そうですね。ここに来る人達はそんなに激しい人はあまり来ませんよ。」

「でも『なんで俺がこんなところに来なきゃいけないんだ。』みたいな患者や、希死念慮の強い患者さんや泣いてばかりいるさんも中にはおられるでしょう?」

「たしかにそういう病識のない患者さんや希死念慮の強い患者さんはいます。そういう人の感情に飲み込まれないように、あくまでも『自分は治療者で相手は患者』という立場を貫いていますね。語弊がありますが、一歩引いて診る、と言った感じです。私は医者ですから。」

「患者の対応に対して感情的になったりすることはありますか?」

「それはたしかにありますが、一応私も精神科医ですから、自分の感情も客観的に把握することができる訓練は受けていますので、『あ、自分は今こういう感情を持っているんだな。』と把握してからあくまでも治療者という立場から患者を診ます。」

「なるほど、患者と相手の感情や態度を適度な距離を置いて客観的に診る、ということですね。」

「そうです。患者の感情に巻き込まれてしまう、ということは必ず避けています。冷たい言い方かもしれませんがね。」

たしかにそうでしょう。精神科医が患者に巻き込まれてしまっては治療になりません。

偶然にもぼくは昨夜20年以上の付き合いのある精神科医の友人と電話で話した際も同じ言葉を聞きました。彼の場合はストレス解消に小旅行などをしているようだが、それでも基本的姿勢は変わらないと思います。

一般人へのアドバイ

このやり方はおそらく精神科医ではない一般人にも応用できるかもしれない、と僕は思いました。つまり他人との距離を適度に保ち、自分の立場と相手の立場(たとえば上司と部下、など)を意識するようにし、かつ個人の感情を客観的に観察し、「あ、今時分はこう思っているな?」と心のなかで言葉にすることによって、ストレスを解消することができるかもしれないと思うのです。

特に人間関係においては有効ではないでしょうか?

 

それでは、また。お元気でお過ごしください。