読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

双極II型障害のぼくの一日

みなさんこんにちわ。ご機嫌いかがですか?マイクです。

双極II型障害うつ病の人にとって、規則正しい生活は不可欠とされています。

なぜかというと、体内時計の制御をつかさどる脳内ホルモン、セロトニンの分泌が不安定なため、乱れた生活をするとすぐに脳に影響が来るからです。

参考になるかどうかわかりませんが、僕の一日をご紹介したいと思います。

5:00 起床

僕の起床時間は早い方だと思います。これは自然に目がさめるわけではなく、強制的に起きています。何故かと言うと、このあと顔を洗って食事をしてカリフォルニアロケットのSNRI(僕の場合はベンラファキシン)と炭酸リチウムを服用して効き目が現れるまで約2時間かかるからです。

そして部屋を暖めて、カーテンを開けます。今の季節はまだ暗いですが。

洗顔の際、ぼくは鏡に写った自分に対して一言いいます。

「今日が人生最悪の日だったとしてもこれからどんどん上がってくるさ。」

そして食事をしたのち、一時間ほどベッドの上でぼけーっとしています。

6:00 ツイッターに朝のご挨拶、読者になっているブログの閲覧

この時間になるとだんだん薬の効果が出てきて、ツイッターに朝のご挨拶を書いて、読者になっているブログをiPadで目を通します。更新されているものは必ず目を通すことにしています。いろいろな情報があって、この時間はぼくの二番めに充実した時間です。(一番目は帰宅後ですね。)

7:00 出勤

だんだん体のだるさも取れてきて、しんどいながらも駅に向かう事ができるようになります。普段は自転車で駅まで行っていますが、雨の日は車でPark & Rideで行っています。これは雨が降るとそれだけで会社に行く気が削がれるのでそれをなくすためのものです。

7:20~8:40 満員電車に揺られて会社へ

この時間はかなり精神的にしんどいです。健常者のみなさんでさえもピリピリしています。だから僕はiphoneで好きな音楽を聞きながら過ごすことにしています。

渋谷あたりになると電車が空いてくるので座ることができます。そして40分間、座って横浜の会社に到着です。

8:50~12:00 お仕事

まずはメールを一読して、重要度別にA,B,Cの3ランクに分けます。最初はのーみそが嫌がっているので簡単なやつをいくつかやってエンジンをかけてから重要なものを一気に片付けます。日によっては今日のように朝早くアメリカとの電話会議が入りますが、このときは仕方がないですね。ノーミソを叩き起こします。

12:00~13:00ごろ 昼食、昼休み

厳密に何時から、と昼休みは決まっていません。(それどころか出勤時間も退勤時間も決まっていません。それがうちの特徴です。)この時間に大体ブログの記事の下書きをします。炭酸リチウムを服用するのを忘れると午後、どっと疲れが来ますので忘れないように。

13:00~18:00ぐらい お仕事

午後の仕事はできるだけのんびりとやるように心がけています。ノーミソが少し疲れを覚えるからです。忙しいふりをしていかにのんびり仕事をするか?これが重要です。

午後には今度はアジア、欧州都の電話会議が入ることがあります。これは真面目にでています。だから連続するときついですね。

18:00~19:30ぐらい  電車の中

帰りの電車は100%座れるので楽に帰ることができます。できるだけ、もといほとんど仕事のことは考えません。明日の仕事は明日考えればいいんです。

かわりに音楽を聞きながらツイッターやブログを閲覧したりしています。

19:50~21:00 夕食、家族との団欒

この時が一番心が休まるときです。他愛もない話に花が咲きます。夕食後はカリフォルニアロケットのリフレックスと炭酸リチウムを服用します。

なお、ぼくは晩酌は一切しません。アルコールは眠りを浅くする作用があるからです。まあ、体質的に飲まなくても全く苦にならないというのもありますが。

21:00 入浴

就寝前に体を温めるのと、副交感神経を持ち上げるためにぼくは就寝前に入浴します。するとよく眠れるような気がするんですね。

22:00 就寝

睡眠薬マイスリーレンドルミンメイラックスを服用して就寝です。途中覚醒が一回ぐらいありますがすぐにまた寝付いてしまいますので問題ないレベルでしょう。

 

なお、うちの会社は在宅勤務も認められていますが、できるだけ使わないようにしています。これもうつ病双極II型障害の症状を悪くしないためです。どうしても調子が悪いときは別ですが・・・。

 

以上のリズムをできるだけ崩さないようにしています。規則正しい生活は双極II型障害うつ病の症状の寛解につながりますので。

ご参考になればうれしいです。

 

では、また。