読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

失業中の不安

みなさんこんにちわ。ご機嫌いかがですか?マイクです。

今日はぼくたち精神疾患を抱えている人にとっておそらく最も大きな不安、「失業」について考えてみたいと思います。

失業時の不安

精神疾患の人にとって、本当は退職しないほうがいいのですが(うつのときに大事な決断をしてはならないという意味でも)、実際は会社の規定(療養期間の制限など)ややむを得ない事情で失業している人は多いと思います。

失業している間の不安は本当に大きいです。僕も経験しましたが、まず病気を寛解させなければいけません。しかもこの病気は症状が寛解するまで時間がかかります。失業保険でお金がもらえる期間で寛解すればいいのですが、それを過ぎてしまうと無収入となります。配偶者が働いていればまだいいのですが、一家の大黒柱がうつ病双極性障害などで倒れてしまうとそれこそ家族の死活問題となります。

しかしそれでもぼくは、病気の寛解を第一目標としてそれに専念すべきだと思います。ぼくは双極II型障害ですが、薬の飲みながらなんとか働けるようになるまで3年かかりました。

求職活動中の不安

求職活動中も、不安はあります。なぜなら、履歴書には健康状態を書く欄がありますが、ここに「うつ病治療中」と書き込むと採用してくれる会社の数はかなり少なくなるからです。双極性障害ともなると不治の病ですから、この点においても大きな不安があるでしょう。(障害者採用を狙うという手はありますが・・・。)

ぼくはかつて転職活動中にこの欄に「良好」と書きました。なぜなら働けるレベルにまで病気や障害を寛解させていれば、良好と書いて良いと思うからです。例えば糖尿病を患っている人も薬の飲みながら働けるなら「良好」と書いているのと同じです。

また、企業もたとえ精神科に通っていても普通に働けるなら文句は言いません。

それ故に、最初に書いた病気の寛解を第一とすることの重要性があります。

最後に

企業によっては面接の際に、「うつを患ったことはありますか?」と聞いてくる企業があります。僕のときもありました。しかしそういう企業は自ら「うちはハードワークのブラックです。」と言っているようなものです。こちらから自体した方がいいでしょう。ぼくはこのとき、「はい。」と答えました。そして「御社はそれほどハードワークなんですね?」と切り返しました。もちろんそんな会社はこちらからお断りですけど。

障害者採用枠を狙うという手もあります。50人以上の会社は2%以上の障害者を雇用しなければならないと法律で決まっています。しかし、数を受けることを覚悟しなければならないと思います。

まず最も大切なことはやはり病気、障害の寛解でしょう。失業中の不安は非常に大きなものですが、これを第一にしてください。

もう一度いいますが、病気を寛解させさえすれば、正社員として働くことができます。希望を持ってください。

それと企業の採用担当の方へ。うつ病双極性障害を患っていても、病状が寛解すれば大きな戦力となります。なぜならこの人達は真面目で知能も高い人が多いからです。

 

それでは、また。