読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

向精神薬で太る理由

みなさんこんにちわ。ご機嫌いかがですか?マイクです。

よくうつ病双極性障害の方から、「薬を飲んで太った。」というのをよく聞きます。

太るのは向精神薬だけが原因でしょうか?実は違います。理由と対策についてまとめました。

薬の作用であるセロトニン増進作用

これは抗うつ薬のもっとも重要な目的である脳内ホルモンのセロトニンを増やす、というものです。

セロトニンは心をリラックスさせる働きがあります。ところがこれによって体の基礎代謝量も落ちる、という現象もおきます。基礎代謝が減ると当然「太りやすい」体になってしまいます。

薬副作用である抗ヒスタミン作用

ヒスタミンもホルモンの一つで、これは満腹中枢を刺激する働きがあります。これが薬の副作用によって働きが鈍くなり、満腹中枢の働きが弱くなります。これによってついつい食べすぎてしまうのです。

うつ状態になり動きが億劫になることからくる代謝量の低下

うつ状態になるとどうしても億劫感が増し、動きが緩慢になります。すると筋力も落ちて基礎代謝量が減ることになります。その結果、「太りやすい」体になるのです。

うつ病双極性障害の症状から来る過食

うつ病双極性障害になると、中には過食になる人もいます。すると摂取カロリーが多くなり、太ることになります。

どの薬が太りやすいのか?

抗うつ薬

抗うつ薬ではNaSSa(ミルタザピン)が最も太りやすく、三環系抗うつ薬SSRISNRIと続きます。SNRIサインバルタ、イフェクサー)はノルアドレナリンに働くのでむしろ基礎代謝が上がる方向なので太りにくいとされています。

しかしSSRIでも最も効き目が強いといわれるパキシルが最も太りやすいです。(おそらく三環系抗うつ薬と変わらないと思う。)また、胃の調子を良くするドグマチールも食欲を増やす事があるので太りやすいと思います。

(ただし、ドグマチールは女性ホルモンの分泌を促す、という副作用のほうが大きいです。)

抗精神病薬

抗精神病薬は第一世代といわれるものは今ほとんど処方されていません。第二世代がほとんどです。

第二世代の抗精神病薬には、SDA、MARTA、DSSの三種類のおくすりがありますが、この中で特に太りやすいのはMARTAです。

具体的には、オランザピン(商品名ジプレキサ)、クエチアピン(商品名セロクエル)がMARTAに属し、これらは体重増加を起こしやすい第二世代抗精神病薬です。

SDAやDSSも太る可能性はありますが、一般的にMARTAと比べると少なめです。

SDAの中でもリスペリドン(商品名:リスパダール)は太る副作用がやや目立ちますが、ブロナンセリン(商品名:ロナセン)、ペロスピロン(商品名:ルーラン)は太る程度は軽いらしいです。

またDSSのアリピプラゾール(商品名:エビリファイ)もあまり太りません。ぼくも服用していますがこれで体重が増えたという感じはないですね。

抗不安薬

最近使われる抗不安薬ベンゾジアゼピン系のものがほとんどですが、これで太る、というのはあまり聞いたことがありません。むしろ抗うつ薬と同様、二次的なものだと思われます。

太ることへの対策

体重が増えることは生活習慣病などのおおきな影響を及ぼします。特に女性にとっては切実な問題だと思います。

実はぼくもこの障害を発症してから20kg体重が増えました。加齢による基礎代謝の低下と結婚による体重増(これが一番の原因かも?)を差し引いても10kgぐらいはこの障害によるものでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか?悩ましいですね~。

一般的に言われるのは、以下のものでしょう。

運動する

これが最も確実だと思います。つまりインプット<アウトプットの状態になれば自ずと体重は減ってきます。

効果的な運動は無酸素運動(いわゆる筋トレ)のあと、有酸素運動(ウォーキング、ジョギングなど)を一日おきに行うのが一番いいとされています。

しかし、こんなことができるうつ病患者や双極性障害の人はごく一部だと思います。つまり、

「それができればとうの昔にやっとるわ!」

ですよね。

食事コントロール

これも効果があります。ただ食事の量を減らすのではなく、中身を変えるのです。

具体的にはえれなさんのブログが詳しいです。(ちなみにえれなさんは健常者です。)

phantasm-takarazuka.hatenablog.com

糖質を減らす(なくすのではなく)だけでもかなりの効果があると思います。ご飯を別のものにする、減らす、その分タンパク質を増やす、とか。

くわしくはえれなさんのブログをご参照ください。ぼくもよく見て勉強しています。

薬を変更する

SSRIパキシルを飲んでいるならSNRIサインバルタに変更する、など。

ただし、薬には副作用があるので、主治医と十分にご相談されてからのほうが懸命です。

なんか今日は昨日お休みした分まで書いてしまいました。長文になり申し訳ありません。

 

それでは、また。