双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

抗うつ薬の離脱症状

みなさんこんにちわ。ご機嫌いかがですか?マイクです。

この三日間、更新できませんでした。というのは抗うつ薬離脱症状で苦しんでいたからです。

抗うつ薬離脱症状は正式には

抗うつ薬中断症候群」

と呼ばれています。

症状

どんな症状かというと、6週間以上抗うつ薬を服用していた人が突然の断薬、あるいは急な減薬をした場合に、

  • 頭の中をシャンという金属音やシュッという風切り音
  • 電撃の感覚(上の2つは俗に「シャンビリ」と呼ばれています。)
  • 発汗
  • 頭痛
  • 感情不安定
  • 吐き気
  • 不眠
  • 振戦
  • 混乱
  • 悪夢
  • めまい
  • 風邪のような症状

が現れることを言います。(他にも現れる症状があります。ウイキペディアに詳細が載っています。)

抗うつ薬中断症候群 - Wikipedia

統計では、抗うつ薬を中断した20%の人に現れるとされていますが実際には80%の人が経験するそうです。

ぼくも頭痛、発熱、めまい、感情不安定、シャンビリを経験しています。

ぼくの場合、それまで服用していたイフェクサー150mgをいきなり中断したので起きたと思われます。そこで75mg、前の半分に戻したところ、ウソのようにおさまりました。

特にイフェクサーのように血中濃度半減期が短い(イフェクサーは約9時間)抗うつ薬で起きやすいそうです。

症状の期間

抗うつ薬中断症候群はずっと続くものではありません。それまで服用していた抗うつ薬がいきなりなくなったのでノーミソが一時的に混乱を起こしているだけです。たいていの人は1〜2週間でおさまります。

対策

でもぼくのように重たい症状の人は次の対策がいいと思います。

  • 時間をかけて徐々に減らしていく。(いわゆるソフトランディングですね。)
  • 血中濃度半減期の長い抗うつ薬に変更する。

何れにせよ、いきなり断薬すると症状が出やすいので主治医との相談の上で行ったほうが賢明です。たいていこの症状が出るのは患者の自己判断で勝手にやめた時が多いようです。

 ただ、症状が慢性化するようなことはないようです。気合と根性でやめる人もいますが、人によってはかなりしんどいと思います。

 

それでは、また。