双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

復職へ向けてGreen light!

昨日は診察日だった。

それとともに、6月からの復職に向けて、主治医と話し合った。

診察内容

主治医(以下S)「どうですか?今週は?」

ぼく(以下M)「やっぱり少し躁気味です。抗うつ薬が多すぎる感じですね。」

S 「そうか〜。じゃあ抗うつ薬を毎食後から朝と昼の二回にしようか。その代わりに気分の上下を抑えるために気分安定薬を少し増やそうね。」

M 「あと、精神安定剤は?最近は不安やどっくん来てないんですけど・・・。」

S 「今は毎食後だっけ?確か2mgだよね?じゃあ頓服でもいいかもね〜。どっくん来たり、不安になったら飲んでね。一応10錠出しとくから。」

M 「あと、職場に提出する書類を書いていただけないでしょうか?」

S 「ああ、例のやつね。今書くから。」

それで色々話しながら書いてもらい、職務復帰のテイク・オフは以下のようになった。

1. 抑うつ状態はほぼ回復しているが、疲れやすいのと軽躁気味に転じる可能性もある。

2. 上記のため当面の間、通院は毎週一回。

3. 最初の2ヶ月は勤務時間は1日6時間。

4. 残業、出張は当面の間不可。

5. 休日出勤は不可。

6. 復帰の意欲:極めて意欲的。

7. その他:服薬のため眠気を催すことがあるので注意を要する。

 

当初時短勤務は一ヶ月と思っていたのでそれを言うと、

S「だめだね〜。焦っちゃまたコケるよ。」

と念を押された。主治医の意見は絶対だ。長年の経験から出た結論なのだろう。それにここで失速したら目も当てられない。

でもいよいよ来月から勤務開始だ。一昨日に上司と話し合ったのだが、時短勤務の間はデータ整理と分析などの単純作業になると思う。ま、仕方がないか・・・。

 

でも社会に復帰できるのは本当に嬉しい。

明日からは通勤時間に合わせて電車に乗って会社の最寄り駅まで行く、という訓練の開始だ。