双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極II型障害と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

せめて休日ぐらいは・・・

今週の総括

今週は時短勤務ながら一週間皆勤できた。こんな些細な、ごくふつーのことではあるが、それでも達成感は大きい。

ツイッターにも書き込んだが、人生は一度負けたら終わりのトーナメント戦ではない。年間約240日出勤するというリーグ戦なのだ。一発屋のような生き方では体も心も持たない。毎日コツコツと小さな成果を積み上げていくほうが最終的には成果が出るとぼくは思っている。

今週の体調としては叫びたくなるようなイライラはなかったものの、午後になる集中できなかった。なんだか集中しようとしてもいろいろな全く関係ないことが頭に浮かんできて集中できない、といった感じなのだ。

今日の密室会議

M:「新しく追加してもらった気分安定薬ですが、効いているとは思うのですが、昼間になると仕事に集中できないんですよ。なんか余計なことが頭のなかに湧いてくると言った感じで。」

S:「あ、そう。頓服の気分安定薬は使っている?」

M:「はい。毎日午後になると投入、といった感じですね。できればあれは『ここぞ!』というときの切り札にとっておきたいんですが・・・。」

S:「じゃあ朝と夕に飲んでる気分安定薬を昼も追加してみようか。効き目が出るのには2、3日かかるかもしれないけど、それまでは頓服薬で凌げばいいと思うよ。」

M:「わかりました。なんだか今日は雨で気圧が低いせいかもしれないのですがイライラするんですよね。」

S:「ハハハ。まあ、せめて休日ぐらいはのんびりリラックスして過ごしてね。」

というわけで今日の密室会議は5分ぐらいのあっさりしたものだった。まあ、それはそれで大きな問題がないということでいいのかもしれない。

フィットネスクラブトレーニング

帰宅して食事を取ったあと、フィットネスクラブへ。最近は毎週水曜日と土曜日に汗を流すことにしている。

特に土曜日は結構しっかりとトレーニングしている。今日も全身の筋肉をまんべんなくトレーニングして有酸素運動としてジョギングを8kmほど。朝のイライラもこれですっかり解消できた。

ぼくにとってはフィットネスクラブでのトレーニングは日々の散歩とともに、フィジカル面での健康を維持するためだけでなく、メンタル面でも調子を整えるために重要なプログラムとなっている。

散歩は天候が良ければ毎日出来る簡単でおすすめのストレス解消とダイエット方法だ。しかし週一回か二回はどっと汗をかくことをおすすめしたい。

それによってセロトニンノルアドレナリンドーパミンが分泌され、メンタル面で脳が正常な状態にリセットしてくれる。

ただ、これはあくまでうつ状態がある程度軽い人に対してであることを断っておく。激うつの人には一番必要なのは「休息」だ。

筋トレと有酸素運動についてはまた日を改めて記事にしようと思う。

 

それでは、また。良い週末をお過ごしください。