双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

デパケンとランドセン

ランドセン

ぼくが双極性障害Ⅱ型の波の変動によって、うつ状態から躁状態に変化したのは一ヶ月ぐらい前だと思う。

当時はうつ状態躁状態が入り交じる「混合状態」というものだった。

ぼくの場合、うつのときは自分の生きる価値がない、と感じるほど落ち込むが、躁状態のときはイライラが募ってしかたがない。そこには一般的に言われるほど「万能感」や「エネルギッシュな状態」は殆ど無い。

また、うつ状態躁状態の緊張した状態から生じる筋肉のハリからくる全身の疼痛。これはもう一生付き合わなければならない、と思っていた。

しかし主治医が、「これは躁状態の緊張から来ているのかもしれないよ。ランドセンを投入してみよう。」ということになり、ランドセンを投入することになった。

この薬はベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬で、抗てんかん作用でだけではなく、筋弛緩作用、抗不安作用、また躁状態の緩和にも用いられている。後述するように躁状態に用いられる気分安定薬デパケン(パルブロ酸ナトリウム)が有名であるが、これは効き目が安定してくるまで時間がかかる。さらに、ごく稀であるが、肝機能の低下という欠点がある。

そこで主治医はデパケンまでのつなぎとしてランドセンを処方したのだろう。

効き目は大きかった。ベンゾジアゼピン系だけに服用してから1時間も経たないうちに体の痛みが消えた。さらにそれからしばらくしてイライラした気分が収まったのだ。その感想は、

「あれ、なんか楽・・・。」

と言った感じだった。

しかしベンゾジアゼピン系だけあって長い間漫然と服用していると効き目が弱くなってくる。しかし断っておくが主治医の処方どおりに飲んでいる限りはそんなことはない。

デパケンバルプロ酸ナトリウム

上述したとおりこの薬は双極性障害躁状態の症状を抑えるとともに、気分がうつ状態にも落ち込まないように気分を安定させる、「気分安定薬」だ。同類にリーマス、ラミクタール、カルバマゼピン、などが挙げられるが、抗躁作用と気分安定作用はリーマスと同程度、抗うつ作用は意見の別れるところだが、主治医の臨床経験としてはリーマスと同程度だという。これについてはぼくも同じような感じがする。デパケンは全く抗うつ作用がないとは言い切れないと思う。

しかしぼくの感覚的には効き目が安定して現れてくるまで1〜2週間ほどかかるため、その間はランドセンで間をつなぐ、といった方法が取られた。

今現在の感覚としてはデパケン(200mgX3回)とランドセン(1mgX3)を飲んで安定している。また、同じベンゾジアゼピン系の抗不安薬であり「最強の抗不安薬」と言われるレキソタンも頓服として保持している。会社などでどうしても辛い不安に襲われたときはこれを使用しているが、副作用として催眠作用があるため、「ここぞ!」というときにしか使っていない。

だから基本的には現在はリーマスデパケンが主役でランドセンが脇役、と言った感じだ。その他には夜寝る前にリフレックス(NaSSa:ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)を服用している。これは抗うつ薬による躁転防止を行いながら抗うつ効果を狙ったものだ。

生活のリズムの重要性

現在のところ双極性障害(Ⅰ型、Ⅱ型を含む)における完治の方法は見つかっていない。これは個人的には非常に残念であるが、こればかりは現状を受け入れるしかないと思っている。時折色んな所から入ってくるなんの根拠もない民間療法には耳を貸すつもりは全くない。しかし気分の変動を最小限に抑える方法はある。それは「生活のリズムをできるだけ整える。」ということだ。この詳細についてはいつか詳細を書こうと思っているが、基本的には、

  • 規則正しい生活
  • 適度な運動
  • 栄養のバランスの取れた食生活

だという。

 

それでは、きょうはこの辺で。