双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

外資系社員にとって致命的な症状

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。


先程、ブログ仲間のはるうささんの記事を読みました。

haruusagi-kyo.hateblo.jp

ここで、「難聴」についての記事が合ったのですが、実はぼくもこれには悩まされています。

原因はわからないのですが、特に左耳に「キーン」という高い音(高周波)がなりっぱなしなんです。

外国語で仕事をするものには致命的

この症状はある日突然発症したのですが、うつ(今は双極性障害2型と判明)が発症仕出した頃と一致しているので、ひょっとしたらなんらかの関係があるのかもしれません。

特に疲れている時はひどくなります。

ぼくは外資系に勤務していますが、国際電話会議のファシリテーターを務めることも多いので、「言葉が聞き取れない」ことはとても致命的なことなのです。

難聴の種類

難聴には二種類あるとのこと。一つ目は「感音難聴」というもので、もう一つが「伝道難聴」というものです。

感音難聴は最も多く、耳の蝸牛、または神経が傷ついて起きるものらしいです。

また伝道難聴は音の通り道(音は空気の振動なので)が塞がれたときに起きるものです。

年齢的にも感音難聴かも

ぼくはもうそんな若くないので、ひょっとしたら感音難聴かもしれません。まあこれは耳鼻科に行ってみないとわかりませんが・・・。

感音難聴は治癒するのが難しいらしいです。

でも、「はい、そうですか。」だと仕事に困るので、今度耳鼻科に行って診断と対策を仰ぎたいと思います。

原因は?

感音難聴の原因は加齢や事故だそうです。

ただ、ぼくの場合は双極性障害が躁になってもうつになっても難聴がひどくなります。もしこれが、双極性障害のせいだと困りますよね。対処のしようがありません。

一番いいのは英語をリアルタイムでディクテーションしてくれる優秀な補助アプリがあればいいのになあ。

そう思っていろいろ検索してみました。

 

試してみたこと

そこでiPhoneのアプリで英語音声のリアルタイムで書き取るアプリや、「優秀!」との評判が高いGoogleドキュメントのリアルタイムディクテーション機能も使ってみたのですが、やっぱり5秒から10秒のタイムラグが出ます。これでは実際の電話会議には使えないですね。

何かいい方法があればいいのになあ。

 

(おわり)

 


よろしかったらトラックバックおねがいしますm(_ _)m

にほんブログ村テーマ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ

双極性障害(そううつ病)と闘おう。

にほんブログ村テーマ 双極性障害と共にはたらくみなさんへへ
双極性障害と共にはたらくみなさんへ

<img src="//www.blogmura.com/img/tracommu88_31.gif" alt="にほんブログ村テーマ 双極性障害と躁うつの大きな波:トラコミュへ" width="88" height="31"