双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

双極性障害とLOH症候群

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
↑クリックありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。

久しぶりの投稿です。

最近、とても調子が悪かったのと、時間がなくてなかなか更新できませんでした。

しかし、先々週、双極性障害を緩和してくれるかもしれない事実が判明しました。

【復習】うつの症状

ぼくが双極性障害を発症したのは40台になったばかりの頃です。(その頃は睡眠障害、うつと診断されていました。)

症状としては御存知の通り、

  • 不眠
  • イライラ
  • 気分の落ち込み
  • 倦怠感
  • やる気の無さ

等が挙げられます。

しかし最近、NHKの「ガッテン」という番組で、

「LOH症候群」というのを特集していました。

LOH症候群とは?

LOH症候群とは、40台から上の男性に起きる、「男性ホルモン欠乏症」というもので、わかりやすく言うと「男性の更年期障害」とでも言ったものです。

juntendo-urology.jp

男性ホルモンであるテストステロンが不足して起きる症状で、以下のような症状が現れます。

  • 不眠
  • イライラ
  • 気分の落ち込み
  • 倦怠感
  • やる気の無さ
  • 性欲減退

うつの症状と比較してみてください。似てると思いませんか?

その他にも

  • 体の痛み
  • 頭痛
  • 疲労感
  • 耳鳴り

等が起きるそうです。

これらの症状は加齢とともに起こるものなのですが、あまりにも極端だと社会生活に支障が出てきます。

血液検査

LOH症候群の検査は簡単です。血液中のテストステロン濃度を調べるだけです。泌尿器科で行っていて結果は一週間ぐらいで出ます。

ぼくの場合、標準値が12(すみません単位は忘れました。)に対して、

7.2

でした。完全なLOH症候群と診断されました。

治療方法

治療は色々有りますが、日本で唯一保険適用なのはテストステロンの筋肉注射のみです。二週間に一回の頻度で筋注を行います。効果が現れてくるのには3ヶ月ほどかかるそうです。

双極性障害との関係

じゃあこれで双極性障害Ⅱ型とおさらばできる?と思ったのですが、どうもそういうわけでは無いらしいです。

実はこのLOH症候群の可能性を主治医に尋ねたところ、

「確かにその可能性は有りえるね〜。」と言われ、最寄りの泌尿器科を紹介してくれました。

で、結果と今後治療を進めていくことになった旨を話し、双極性障害Ⅱ型は良くなるのか?と聞いたところ

「まあLOH症候群とうつの症状は似てるところもあるからその点は良くなるかもしれないね〜。でも躁の部分はLOH症候群じゃあないからその治療は行わないとね〜。」

といつもの笑顔で言われました。

でもこれで少しでも症状が軽くなるといいなあ、と思っています。

(おわり)

 

 

よろしかったらトラックバックおねがいしますm(_ _)m

にほんブログ村テーマ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ

双極性障害(そううつ病)と闘おう。

にほんブログ村テーマ 双極性障害と共にはたらくみなさんへへ
双極性障害と共にはたらくみなさんへ

にほんブログ村テーマ 双極性障害と躁うつの大きな波:トラコミュへ

双極性障害と躁うつの大きな波:トラコミュ