双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて 

うつ→双極性障害2型と闘いながら社会人やってます。時々ズッコケますが何とかやってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

現在の転職市場の動向、そして転職準備

超久々の更新です。いろいろバタバタしていてブログにまで手が回りません。

あと、双極性障害については書きたいことはほとんど書いた、というのもありますが・・・。

さて、ぼくは今、前職をリストラされて、求職活動にいそしんでおります。

ただね~、この歳になるとなかなか厳しいのは事実です。

前職を退職した際に退職金を上乗せしてもらったので何とかしのげてはいますが。

で、今日は今の転職市場の動向と転職する上で気が付いたことややってよかったことを書きたいと思います。

現在の転職市場の動向

現在の転職市場の動向は、「やや売り手市場」といった感じです。

「やや」と書いたのは、業種によって動向が違うから。

今人手が足りないのは2020年の東京オリンピック/パラリンピックに向けて建設ラッシュが続いている建設業界。

次が少子高齢化の影響を受けている介護業界。

この二つの業界に引っ張られる形でほかの業界が追随している、といった感じですね。

で、今後の見通しはというと、

自動車がEV化、または燃料電池化が進むといわれ、それが2025年に終わるだろうといわれているのでここまではなんとか採用もそれなりにあるだろうとのことです。

ぼくもこれは肌身に感じています。4年前に転職したときに比べ、紹介してもらう案件数が違っていますね。

また、書類選考通過率も上がっていると思います。ただその分面接にハードルが高くなっているような気がしますが・・・。

転職すると決めた時の準備

で、まず転職する、と決めた時の準備ですが、以下のことが必要です。

履歴書は「履歴書 フォーマット」でググれば出てきますので気に入ったのを使えばいいと思います。個人的には「年齢、顔写真、家族構成、出身地」がなぜ業務遂行に必要なのか理解できず、国際的観点からしても日本の悪しき風習なのですが、文句を言っても仕方がありません。

職務経歴書もいろんなのがありますが、個人的には自分で考えて白紙から作るのが確実だと思います。これはその作業の前に「スキル(経験した業務)の棚卸」という作業が必要となり、この作業をいい加減にするとまず合格できないからです。面接のとき面接官はこの職務経歴書に対して質問をしてきます。

だからスキル(経験した業務)の棚卸はしっかりとやってください。

最後にざっとした転職活動の流れについて全体を俯瞰した記事を過去にUPしてあるんで張り付けておきます。

www.flahertylog.com

続きは暇があったらまた書きます。これから転職エージェントと打ち合わせです。

おわり